災害

災害時の電源確保に使えるポータブル電源、キャンプにも使えて便利

投稿日:2018年7月15日 更新日:

 

最近は突然の大雨による洪水被害や大地震による長期間の停電なども度々起きています。

停電が数時間程度であれば、復旧を待てば良いのですが、電源開通までに数日

あるいは当分、送電の見込みが立たないというような場合にちょっとした電源の確保に苦労することがあります。

 

まさかとは思うものの、災害はいつどこで発生するか分かりません

いざという時に、お手上げでは家族の健康や安全を守ることも出来ません。

 

そこで今回紹介するのは家庭用のポータブル電源装置

家庭用電源からの充電だけでなく、ソーラーによる充電や車からの充電にも対応しています。

また、非常時だけでなく旅行やキャンプ時などにも広く活用できるので、災害がなくても宝の持ち腐れにもならない便利グッズです。

 

 

現代の生活は意外に電気がないと不便

洪水

地震や洪水などの大災害が発生したときに、停電することは多いです。

しかも最近は大規模な水害や地震が発生していて、自然災害が広範囲にわたる場合は長期間の停電を余儀なくされることが、日本国内でも度々発生しています。

停電してある程度の不便は我慢するとしても

電源が全く無いと、意外と困ることがあります。

 

まずはスマホ、結構すぐに電池がなくなってしまいます。

でも、災害時には色々知り合いに連絡を取ったり、情報収集するのに使えないと不便です。

同じようにタブレットや、ノートパソコンなども使えればずいぶんと情報収集や、メールの送受信に便利です。

 

あるいは夜間の照明や

夏場であればポータブル冷蔵庫、扇風機

冬場であれば電気毛布などが使えれば、お年寄りなどには助かると思います。

自然災害で困っている家族

それから、ポータブル電源があれば、一生に1度か2度あるかないかの自然災害だけでなく

キャンプや旅行などに持って行って活用することも可能です。

 

 

売れ筋のポータブル電源2機種

災害時、停電時にあって便利な、売れ筋のポータブル電源2機種をご紹介します。

suaoki ポータブル電源 S270

ポータブル電源 S270

主なスペック

蓄電能力 40540mAh/150Wh

スマホの充電であれば約10回程度可能です。(詳しくは後述)

充電方法:家庭用電源、カーチャージャー、ソーラー充電(別売のソーラーパネル必要)

ACアダプター充電器、シガーライタープラグコード、ソーラー充電ケーブル付属

給電:AC、DC、USB

寸法:185×110×119mm(結構コンパクトで持ち運びにも便利です)

重量:1.3kg

 

ポータブル電源 S270

 

ソーラー充電が可能

全くの電源がない状況でも、ソーラー充電が出来ます。

ソーラー充電ケーブル(MC4-DCプラグ3.5mm*2.1mm)が付属されるので、suaokiソーラーパネルのMC4出力端子に接続してsuaokiポータブル電源S270へ充電できます。

 

災害時などであれば、車などを除き充電できる環境はないことが多いでしょうから、ソーラー充電が出来るということは大きなメリットです。

天候の悪いときには若干充電効率が落ちたり、使用する全ての電力をまかなうことは無理ですが

ある程度、電力を回復させるのに使う事が可能です。

 

ソーラーパネル
ソーラーパネル

電気の容量

ノートパソコンの充電 2~3回

スマホの充電 約10回

タブレット端末 約5回

40wの電気製品 約4時間の使用

ポータブル電源 S270

 

交流の電気製品が使える

一般的なバッテリーと違って、交流の電気製品も使用可能です。

電気毛布などですと、直流電流用のものはほとんど無く、あっても値段が高いです。

長距離トラックの運転手さんなどが、冬場に車内で仮眠をとるときに、エンジンを切っても電気毛布が使えるということで重宝しています。

ポータブル電源 S270を災害以外で使用しているシーン

 

災害用以外にも使える

コンパクトで使い勝手が良いので、災害専用としなくても、交流も使えるので旅行に行くときやキャンプに持って行けば便利

 

 

suaoki ポータブル電源 G500

もう少し本格的なポータブル電源が欲しいとか、数人で災害現場のボランティアに参加するので、容量の大きなタイプが欲しいなどというときに適しています。

ポータブル電源 G500

主なスペック

蓄電能力 137700mAh/500Wh

先程紹介したS270の約3.4倍の蓄電能力

 

充電方法:家庭用電源、カーチャージャー、ソーラー充電(別売のソーラーパネル必要)

ACアダプター充電器、シガーライタープラグコード、ソーラー充電ケーブル付属

給電:AC、DC、USB

寸法:280×190×210mm

重量:6.8kg

S270と同様、ソーラーによる充電が可能です。

ポータブル電源 G500を使用しているシーン

 

電気の容量

容量的には500whですから

S270の約3倍

100wの製品でも5時間近い使用が可能です。

 

まとめ

ポータブル電源があれば、制限はあるというものの、それなりに電気のある生活?が可能です。

災害時に全くお手上げになるのか、それとも何らかの代替手段があるかによってライフラインが復活するまでの数日?の暮らしがかなり便利になると思います。

ポータブル電源は、何も災害時だけでなく

ちょっとした停電や、旅行、キャンプなどにも活用することが可能です。

 

まさか、まさかではなく

いざという時のために普段でも使い道がある便利グッズを準備しておいても良いのではないでしょうか

 

★Amazonでポータブル電源を見てみる★

★楽天でポータブル電源を見てみる★

 

-災害
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

災害時に、最低限必要な飲み水の量と確保しておく方法

  災害時に1番困るのは飲み水の確保です。 地震や洪水で水道が止まってしまうことは良くあります。   数日間持ちこたえれば、給水車や給水支援が始まって事なきを得るのですが、最初の数 …

検索

アーカイブ

カテゴリー