山本電気の家庭用精米器、「Shin 美鮮Bisen」YE-RC17A、性能や評判は

「Shin 美鮮Bisen」YE-RC17A 未分類

 

精米器と言えば定番は大手メーカーではなく、山本電気になります。

その中でも「Shin 美鮮Bisen」YE-RC17Aは山本電気の家庭用精米器では最新の最上位機にあたります。

「Shin 美鮮Bisen」YE-RC17A性能や評判はどうなっているのでしょう。

難しい説明は抜きにして、わかりやすく解説してみたいと思います。

 

山本電気から発売になっている精米器は3機種

山本電気から発売になっている精米器は上位機種から順番に

・「Shin 美鮮Bisen」YE-RC17A

・「美鮮Bisen」YE-RC41

・「ライスクリーナー匠味米」MB-RC52

この3機種になります。

 

違いはざっくり

「Shin 美鮮Bisen」と「美鮮Bisen」には上白米と胚芽米の機能がついていること

「Shin 美鮮Bisen」にはさらに部つき胚芽米機能がついていることが大きな違いです。

もっとも単純な機能比較ではわからない、製品の品質や、精米の精度などで微妙は違いはあるかと思います。

山本電気の精米器3種機能比較

「Shin 美鮮Bisen」YE-RC17Aの主な性能

「Shin 美鮮Bisen」の主な機能については前項の比較表の通りですが、もう少し具体的にチェックしてみましょう。

山本電気山本電気「Shin 美鮮Bisen」YE-RC17Aのコントロールパネル

カラーはホワイトとレッドの2色

カラーはホワイトとレッドの2色あります。

 

「Shin 美鮮Bisen」YE-RC17A

 

精米にかかる時間

例えば、3合の玄米を白米にするには2分30秒、上白米にするには2分50秒かかります。

山本電気「Shin 美鮮Bisen」YE-RC17Aの精米にかかる時間

 

胚芽白米仕立て

胚芽を残しながらも白米にしてくれるものです。もっとも胚芽は1/4程度しか残りませんが、胚芽の部分はお米の中でも、栄養豊富な部分ですから、少しでも残っていれば、各種の栄養分を吸収することができます。

お米の構造

 

分つき胚芽

完全に白米にするのではなく、ある程度、玄米の糠の部分を残した(分つき)上で胚芽も残す機能で、3分、5分、7分つきの中から選ぶことができます。

玄米のままだとちょっと食べにくいけど、ある程度精米した分つきで食べたい、そして更に栄養分の多い胚芽も残したいという人の為の機能で「Shin 美鮮Bisen」の最大の特徴(機能)と言えます。

 

「Shin 美鮮Bisen」YE-RC17Aの口コミ

悪い口コミ

・ふたが開けにくい

 

良い口コミ

・扱いやすく精米時間も短い

・音が静か

・モード設定が細かくあり、こだわりたい方にはおすすめ

・ぬかが、精米したコメに混ざっていない

・精米したコメが熱くなっていない

・古米を食べているが美味しく食べられる。

 

その他の口コミ

・音に関してはうるさいという人と、静かだという人が半々、ほかの製品に比べると音は小さい方だと考えられますが、精米器自体が結構音のするものですから、感じ方は人それぞれだと思います。

 

「Shin 美鮮Bisen」YE-RC17A

まとめ

「Shin 美鮮Bisen」は精米器では定番の山本電気の最上位版です。価格に見合った性能を持っていますが、やはり価格がネックになっていて、売れ筋は廉価版の「ライスクリーナー匠味米」MB-RC52になります。

単に精米できれば良いというのであれば「ライスクリーナー匠味米」MB-RC52でも十分だと思います。

でも、お米にこだわりがあるとか、色々な精米モードを試してみたいという人は「Shin 美鮮Bisen」を選ぶ価値はあると思います。

口コミでも悪い評判のものはほとんど有りません。ただし、ふたが空けにくいというコメントは結構あるので、この辺りは早急に改善してもらいたいものです。

 

★楽天で「Shin 美鮮Bisen」YE-RC17Aを見てみる★

★Amazonで「Shin 美鮮Bisen」YE-RC17Aを見てみる★

 

 

タイトルとURLをコピーしました