倍率

メガネ

ハズキルーペが目に合わない時はどうする、倍率と見え方の違い

ハズキルーペが目に合わないのは、使用目的と合わない倍率のハズキルーペを選んでしまったこと、あるいはハズキルーペは既製品のメガネ式拡大鏡だということの意味がよく分かっていなかったことが上げられます。どうすれば目的に合った倍率のハズキルーペが選べるのか、既製品のメガネ式拡大鏡とはどんなものなのか、自分の目に合わせるためにはどうすればいいのかについて説明します。
メガネ

ハズキルーペの倍率と度数の関係は?選び方はどうすれば良いの?

ハズキルーペは拡大鏡ですが、凸レンズですので、焦点距離が近くに合いやすくなっています。ハズキルーペを使うのは、どうしても高齢になって視力が衰えた人が普段の生活の中で手元の本や文字を読んだり、日常生活の中で使うシーンが多くなりますから、ハズキルーペを老眼鏡的な視点から見た場合、ハズキルーペの倍率と度数の関係や、選び方はどうすればいいのかについて解説します。
メガネ

ハズキルーペ倍率のおすすめは?使うシーンや年齢に合わせて選ぶコツ

ハズキルーペには1.32倍、1.6倍、1.85倍の3種類の倍率があります。でも、今一度の倍率を選んで良いのか、迷っている人もいるかと思います。ハズキルーペの3種類の倍率、単なる拡大率の違いだけでなく、ハズキルーペの使うシーンや年齢にあわせた、おすすめの倍率について解説します。
メガネ

ハズキルーペをプレゼントで贈りたいけど倍率の選び方はどうすればいい

テレビCMでも話題のハズキルーペをプレゼントで贈りたいけど、倍率はどう選べば良いのでしょう せっかくプレゼントで贈っても、使う人の目的に倍率が合わなければ何にもなりません そこで間違いのない、プレゼントで贈るときの倍率の...
タイトルとURLをコピーしました