メガネ

ハズキルーペをプレゼントで贈りたいけど倍率の選び方はどうすればいい

投稿日:

 

テレビCMでも話題のハズキルーペをプレゼントで贈りたいけど、倍率はどう選べば良いのでしょう

せっかくプレゼントで贈っても、使う人の目的に倍率が合わなければ何にもなりません

そこで間違いのない、プレゼントで贈るときの倍率の選び方のポイントについて解説します。

 

ハズキルーペの倍率は3種類

ハズキルーペの倍率事の見え方

ハズキルーペの倍率は3種類あります(3種類のみ)

・1.32倍

・1.6倍

.1.85倍

それぞれの倍率の特徴を簡単に解説すると

1.32倍

ハズキルーペの中では1番倍率が低くなっています。

倍率が低い分、見え具合は、一回り大きく見える程度です。

 

なぜ、このような低い倍率があるかというと

1.32倍のレンズは50~70cmくらいのところに焦点が合いやすくなっているので、パソコンの画面など、やや離れた物を見るのに適しています。

1.6倍になると、かなり焦点距離が近くなり、バックライトがついているパソコンの画面を近くで見るとなると、明るすぎて、ちょっと見えづらいと思います。

 

あるいは、まだ40代など視力の低下はそれほどではないけれども、ちょと細かい文字などが見にくくなったという人ぐらいであれば1.32倍くらいで充分だと思います。

 

ハズキルーペ1.32倍で本の文字を見た所
1.32倍タイプ(カラーレンズ)

 

ハズキルーペ1.6倍で本の文字を見た所
1.6倍タイプ(クリアレンズ)

 

1.6倍

50代を過ぎて、視力が大分弱くなって細かい文字が見にくくなったという人であれば1.6倍が適切だと思います。

ハズキルーペとしては標準的な倍率になると思います。

 

1.85倍

ハズキルーペとしては1番倍率が高くなっています。

手元の細かい作業をするので、とにかく高い倍率のものが欲しいという人に向いています。

また、70代を過ぎてかなり視力が弱ってきているという人も、1.6倍では、見えづらいという人が多くなると思います。

 

ハズキルーペをプレゼントで贈るときの選び方

年齢で選ぶ

40代を過ぎると、老眼のために、近くに焦点が合わなくなるだけではなく、細かいものや文字がはっきり見えにくくなってきます。

目のレンズ、水晶体が加齢に伴って濁ってきたり、レンズの表面が滑らかでなくなってくることで、目の解像度は年々低下してきます。

ですから視力の衰えをカバーするためにハズキルーペを選ぶのであれば、年代によって倍率を選ぶと良いでしょう。

 

40~50歳代前半くらい

この年代は、老眼が始まったばかりで、自分の視力の衰えを自覚していない(^^;)人も結構います。

ですが、加齢に伴う老化現象で、近くに焦点が合わせづらい、細かいものや文字が見えにくいという現象は起こっています。

これらをカバーするには1.32倍のレンズが適当です。

 

逆に1.6倍だと焦点距離が近くになりすぎたり、視力の低下を補うにしてはオーバースペックで

どちらかというと拡大鏡的な使用になってしまいます。

ハズキルーペ1.32倍はレンズとしては光学的には1.3DPT

これは40代半ばの人の平均的な老眼鏡と同じ度数になります。

 

50代に入っていて、視力の低下や老眼の進んでいる人なら次に紹介する1.6倍タイプでも良いかと思います。

虫眼鏡で本を読んでいる老人

50代半ば~60歳代

50歳を超えた辺りから老眼も進み、更に顕著に、細かいものや文字も見えづらくなってきます。

この年代の人であれば1.6倍タイプが良いと思います。

 

50代前半だとちょっと度がきついかもしれませんが、この頃から視力の低下が加速度的に進みますから1.32倍のものだと、しばらく経つと物足りなくなってくると思います。

因みにハズキルーペ1.6倍は光学的に2.5DPT

老眼鏡の度数としては50代中頃の度数になります。

 

60歳代の人だと老眼鏡との併用が必要になります。

 

70代以上

70代以上の年齢になると老眼や視力の低下が顕著に表れていますから、1.85倍を選んだ方が良いでしょう。

ハズキルーペの1.85倍は、光学的には3.4DPT

老眼の度数にすると60代半ばの度数になります。

70代であれば、老眼鏡との併用が必要になります。

 

高齢のために視力が低下しスマホの細かい文字が読めない人

 

メガネとの併用が必要な場合はラージタイプが適当

高齢で老眼が進んでいてハズキルーペだけでは焦点の調整が間に合わない人や、普段から、乱視や、左右の視力が異なるなどのために、メガネの上からハズキルーペをかける場合は

ラージタイプが、サイズに余裕が有り、重ね掛けが容易です。

コンパクトタイプは、ファッショナブルで格好いいですが、ハズキルーペ単独で使用するものと考えた方が良いと思います。

写真はコンパクトタイプ
ハズキルーペコンパクトとメガネを重ねたところ

 

ラージタイプ

使うシーンで倍率を選ぶ

年齢に関係なく、使うシーンで倍率を選ぶという方法もあります。

パソコンなどやや離れた明るい画面をみるなら1.32倍を選ぶ

プレゼントを贈る人が、パソコンなどを使う事が多いのであれば1.32倍を選んでも良いでしょう。

パソコンの画面は、液晶のライトが明るいことも有り、結構離れた距離で見る事が多いです(50~70cm)

 

パソコンの画面は、一部分をしっかり見るというより、画面全体を見ることが多いので、そういう点でも、やや離れた所からみた方が一覧性に優れています。

1.6倍以上の倍率だと、焦点距離が近くに合いやすく、バックライトがまぶしかったり、

顔を近づけてみると、見える範囲も狭くなってしまいます。

 

1.85倍タイプ
ハズキルーペ1.85倍タイプ

贈る人が細かい作業に使うのであれば1.85倍を選ぶ

プレゼントを贈る相手の人が

細かい手元の作業をするのに、よく見えないということであれば、1.85倍を選びましょう。

 

プラモデル製作、ネイルアート、クラフトワーク、刺繍など

手元の細かい作業をする事が趣味であれば

多少焦点距離が近くなっても、しっかり細かいものが見えた方が便利です。

 

ハズキルーペの倍率と見え方は?どのように選んだら良いのでしょうか

 

まとめ

ハズキルーペは老眼鏡ではなく、手元の細かいものが見えにくくなった人や、細かい作業を正確にやりたい人に贈って喜ばれる便利グッズです。

両手が自由に使えるルーペですから、老眼鏡のように焦点をピッタリ合わせて使うものではなく、使うシーンに合わせて倍率を選ぶようにしましょう。

 

ハズキルーペは実際に使って見ないとなかなか便利なことが分かりにくく

ハズキルーペを使ったことの無い人は、自分で買って使ってみようと思いつかないことも多いです。

ですから、周りの人が気を利かして、プレゼントとして贈ってあげることで、今までやりにくかった作業や読書が快適に出来るようになったと喜ばれることうけあいだと思います。

 

★楽天でハズキルーペを見てみる★

★Amazonでハズキルーペを見てみる★

 

-メガネ
-, ,

執筆者:

                          

関連記事

ハズキルーペ、ラージとコンパクトの違いは?サイズは

  ハズキルーペラージとコンパクトはどう違うのでしょうか、使い方や性能に違いはあるのでしょうか、どちらを選べば良いのでしょうか?  

ハズキルーペは何歳から使えるの、若い人でも使っていいのでしょうか

  ハズキルーペのCMで菊川怜さんでも違和感があるのに24歳の武井咲さんが起用されていることに皆さん驚いているようです。 そもそも、ハズキルーペって老眼鏡じゃないの 若いタレントを広告に起用 …

60代の人にハズキルーペは便利なの?選ぶならどのタイプが良いのでしょう?

  ハズキルーペは60代の人にとって便利なグッズなのでしょうか ハズキルーペを使う事で老眼鏡と見え方はどう違うの? 見えやすくなるのでしょうか 60歳の人がハズキルーペを選ぶとすればどのタイ …

父の日に贈って喜ばれる便利なハズキルーペをプレゼントしませんか

  父の日は6月の第3日曜日 由来を調べて見ると 「母の日があるのに父の日がないのはおかしい」 ということから立ち上がっているようです。   何かと後回しにされるお父さんですが 父 …

ハズキルーペにはサングラスタイプがあるようですがいつ使うのでしょう?

  ハズキルーペのCMの中で館ひろしさんがサングラスタイプのハズキルーペをしています。 ハズキルーペにサングラスタイプってあるの? そもそも、拡大鏡(ルーペ)なのにサングラスタイプって必要な …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

宝実


宝実
知って得するお宝グッズの情報を発信しています。

検索

アーカイブ

カテゴリー


Parse error: syntax error, unexpected '}', expecting end of file in /home/pff00021/takaraminoru.com/public_html/wp-content/themes/stinger8/footer.php on line 15