シャンプー

ラウリルベタイン(シャンプー洗浄成分辞典)

投稿日:

 

シャンプーに使われている洗浄成分「ラウリルベタイン」とはどのような成分なのでしょう

その特徴や

シャンプーの洗浄成分としてのメリットやデメリットについて解説します。

 

ラウリルベタインの特徴

水に溶けやすく、安定性が高く、低刺激で優れた増粘効果、起泡力を有しています。

ほかのアニオン系の洗浄成分と混ざりやすく、増粘効果(もっちり感)、泡立ち、洗浄力などの相乗効果が得られます。

 

広い範囲のPHで成分が安定していますが、特に

酸性の環境下で、洗浄剤、起泡剤(泡立ち)、増粘剤(もっちり感)としての働きがあり

アルカリ性の環境下では、帯電防止、ヘアコンディショニング剤、皮膚コンディショニング剤として働く、

ということで両性界面活性剤のためアルカリ性下では洗浄剤、酸性下では、コンディショナーとして使用されます。

 

原料や製造方法としては

ヤシ油脂肪酸、パーム核油から、抽出したラウリル酸に脂肪酸アルキルエステルやアミノ酢酸ベタインを反応させて合成する洗浄成分で、

高級アルコール系の洗浄成分との相性も良く、刺激抑制効果が期待できます。

 

他の洗浄成分にラウリルベタインを加えることで、泡立ちをよくしたり、コンディショニング剤として使われることもあります。

ラウレス硫酸Na(高級アルコール系)の刺激緩和、また脱脂力の高さから起こる痒み防止・質感向上のために配合される事も結構あります。

 

別名
・ラウリルジメチルアミノ酢酸ベタイン

シャンプーとシャンプーをしている人

ラウリルベタインのメリット

刺激が低く、泡立ちが良い。

もちもち感も有り、コンディショニング効果もある。

 

洗った後もごわつかず、しなやかな仕上がり

コンディショニング効果もあることからリンスやコンディショナーに配合されることもある。

 

毛髪に対して湿潤作用、柔軟作用、帯電防止作用もある。

高級アルコール系の洗浄成分の刺激を緩和するために使われることもある。

シャンプー選びに最低限知っておくべきシャンプーの基礎

 

ラウリルベタインデメリット

洗浄力はやや弱く、他の洗浄成分を合わせて使われることも多い

 

まとめ

ラウリルベタインが配合されていると、泡立ちが良くなり、もちもち感も増します。

また、高級アルコール系の刺激の強い洗浄成分がメインの場合に、刺激を緩和する成分としても使われています。

単独で使われることは少なく、他の洗浄成分と合わせて使われることが多くなっています。

 

-シャンプー
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スパークリングシャンプーのステラとは、漢方の効果や口コミを解析

  グレース シード ステラ(GRACE SEED STELLA)スパークリングシャンプーは、漢方サプリでも有名なステラ漢方株式会社から発売されている炭酸シャンプーです。 雑誌などでもよく紹 …

ココイルグルタミン酸Na(シャンプー洗浄成分辞典)

シャンプーに使われている洗浄成分「ココイルグルタミン酸Na」とはどのような成分なのでしょう その特徴や シャンプーの洗浄成分としてのメリットやデメリットについて解説します。  

オーロラシャンプーはノンシリコンなのになぜきしまないの

  オーロラシャンプーはノンシリコンですが全くきしまないです。 なぜか? それはオーロラシャンプーが完全なアミノ酸シャンプーだから   で、分かる人は分かるのですが どうしてアミノ …

オーロラシャンプーの口コミと特長を鑑定評価してみました。

  オーロラシャンプーは元々、髪を後ろに束ねたり(シニョン)、ワックスを塗ることで髪を酷使しているバレリーナの髪の毛を保護することを目的に作られたアミノ酸シャンプーです。 このオーロラシャン …

オーロラシャンプーを返金保証付き、送料無料で1本だけ入手する方法

  オーロラシャンプーのネックは値段が高いこと、しかも購入は最低2本セットから いくら評判が良くても、実際に使ってみないことにはなかなか購入する決断は出来ないですよね。 そこで、オーロラシャ …

宝実


宝実
知って得するお宝グッズの情報を発信しています。

検索

アーカイブ

カテゴリー


Parse error: syntax error, unexpected '}', expecting end of file in /home/pff00021/takaraminoru.com/public_html/wp-content/themes/stinger8/footer.php on line 15