オーロラシャンプーはどうして泡立ちが悪いのでしょう(口コミを鑑定する)

シャンプー

 

オーロラシャンプーの口コミを見ていると泡立ちが良くないというコメントをしている人をよく見かけます。

オーロラシャンプーの泡立ちは悪い?

なぜオーロラシャンプーの泡立ちが悪いという口コミが多いのか、その本当の理由と、泡立ちが悪くても実はそれがオーロラシャンプーのメリットであることを解説します。

 

泡立ちが悪いオーロラシャンプー

オーロラシャンプーの泡立ちが悪い理由

オーロラシャンプーの泡立ちは市販の普通のシャンプーに比べると、あまり良くありません。

しかしこれには明確な理由があります。

 

それはオーロラシャンプーが

・アミノ酸シャンプーであること

・頭皮に悪影響のあるものを極限まで減らしていること

という2つの理由があります。

 

アミノ酸シャンプーは泡立ちが悪い

そもそも、アミノ酸系の洗浄成分が開発されたのは、広く一般に販売されている高級アルコール系のシャンプーの洗浄力が強すぎて、頭皮や髪にダメージを与えてしまうことがあることから、洗浄力がマイルドで、刺激の少ない洗浄成分が必要だというのがその理由です。

 

合成界面活性剤は良くないという話がまことしやかにささやかれていますが、合成界面活性剤って言うのは要は洗浄成分のことです。

じゃあ、天然の界面活性剤ということになると江戸時代の頃によく使われた糠(ぬか)や卵の白身

つまりタンパク質=「アミノ酸」ということになってしまいます。

 

糠で髪を洗っている江戸時代の女性

 

今時そのようなものを使う人あまりいないでしょうし、工業化して、シャンプーとして売りに出すのも難しいと思います(^_^;)

つまり合成界面活性剤を避けるなんて言ってたら、シャンプーなんて成り立たなくなってしまいます。

とはいうものの、一般に市販されている「高級アルコール系」の合成界面活性剤は洗浄力が強すぎて刺激も強い、

そこで開発されたのが、アミノ酸の持つ界面活性剤=洗浄成分としての特性を活かした「アミノ酸系の洗浄成分」です。

 

ですから、アミノ酸系の洗浄成分は、高級アルコール系の洗浄成分のようにしっかり泡立つことはなく、糠や卵の白身のようにどろっとしているのがアミノ酸系の洗浄成分の特長です。

それでも、マイルドで適度な洗浄力がありますから、シャンプー剤として使われています。

 

繰り返しになりますが、一般に市販されている安価な高級アルコール系のシャンプーは泡で汚れを落としますが

アミノ酸シャンプーは洗浄力を落とすために、アミノ酸のぬめりを利用して汚れを落とします。

 

良いシャンプーを見分けるために、3種類の洗浄成分の違いを知る。

 

頭皮に悪影響のあるものを極限まで減らしていること

そうはいっても、アミノ酸系のシャンプーでもそこそこ泡立ちの良いシャンプーがあることは事実です。

なぜか、

それは、洗浄成分の中に発泡剤を大量に配合すれば、いくらでも泡立ちは良くすることは可能だからです。

 

ただし、発泡剤と言われるものを大量に配合してしまえば、せっかく刺激の少ないアミノ酸系の洗浄成分を使っている意味が少なくなってしまいます。

オーロラシャンプーは元々、頭皮のダメージに悩むバレリーナのために開発されたシャンプーですから、目先の、泡立ちの良さをごまかすよりも、刺激の少ない成分にこだわった結果、余分な発泡剤などは最小限に抑えています。

 

オーロラシャンプー

 

シャンプーに泡立ちは必要なのか

そもそも論になりますが、シャンプーに泡立ちは必要なのでしょうか?

泡立ちが良い=洗浄力が強い=刺激が強い

という図式が成り立ちます。

洗浄力の強すぎる、高級アルコール系のシャンプーに慣れすぎて、泡立ち、泡立ちって言いすぎかもしれません。

皮肉な言い方をすれば泡立ちが良いほど頭皮や髪には悪いっていうことも言えちゃうわけです。

 

お湯シャンをしている芸能人も多い

頭皮や髪を傷めず、髪の艶やハリ、コシを保つためにシャンプー剤を使わないでお湯シャンをしている芸能人も多いです。

お湯シャンは、お湯だけで髪や頭皮を洗う方法ですから、そもそも泡立ちなどは全く関係がありません

 

お湯だけでも、かなり汚れや皮脂は取れます。

中には、皮脂が落ちすぎるので、ぬるめのお湯でお湯シャンをしろとアドバイスしている人がいるくらいです。

お湯シャンのやり方と、臭いといわれる理由や対策

 

お湯シャンしている女性

 

泡立ちに意味はあるのか

同じシャンプーなら、良く泡立ててから使った方が洗浄力は強くなるかもしれません。

しかし、そもそもアミノ酸系のシャンプーは強すぎる洗浄力を抑えるために開発されたものです。

 

長年の習慣で、泡がしっかり出てくれば、気持ちは良いかもしれませんが、それだけ髪や頭皮を保護している皮脂が、すっかり流れ落ちて、髪や頭皮にダメージを与えることになります。

 

あるいは発泡剤の配合次第で泡立ちはいくらでもコントロールできてしまいます。

ということを考えれば、泡立ちにそれほどの意味があるとは思えません

 

泡だらけにしてシャンプーしている人

 

オーロラシャンプーは髪や頭皮にダメージを受けている人の為のシャンプー

オーロラシャンプーは、髪を強く後ろに引っ張っておだんご(シニョン)にしているバレリーナが髪や頭皮(生え際の後退)にダメージを受けている悩みを改善するために開発されたシャンプーです。

発売しているところがバレエジャポンというバレリーナのための組織です。

 

髪をおだんごに結っているバレリーナ

アミノ酸系の頭皮や髪に優しい洗浄成分を使い、刺激のある発泡剤やその他の成分を局限し、人工香料などを使わず(香りが少ないという口コミが多い)

 

育毛剤などにも使われている育毛成分の

・アセチルテトラペプチド-3

・アカツメクサエキス

・ピロリジニルジアミノピリミジンオキシド

を配合するばかりでなく

オーロラシャンプーに含まれている育毛成分を解説

 

そのほかにも各種の、保湿成分、エイジングケア成分がたっぷり配合されています。

オーロラシャンプーの全成分解説

 

オーロラシャンプーに使われている成分

 

アミノ酸系のマイルドな洗浄成分に慣れていない人は、あまり泡立たないことに最初は戸惑うかもしれませんが、それだけ髪や頭皮に優しいシャンプーだということの証明でもあります。

オーロラシャンプーの更に詳しい内容については公式ページで↓

バレリーナ愛用!オーロラシャンプー

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました