タイガーの家庭用精米機 RSF-A100Rの特徴や性能、評判は

タイガーRSF-A100R 生活用品

 

炊飯器などで有名なタイガーの家庭用精米機、RSF-A100Rの特徴や性能、評判などについて解説します。

 

タイガーの家庭用精米機 RSF-A100Rの特徴

タイガーRSF-A100R

お米を炒めない丁寧な精米

3段階で回転数を調整するDCモーターにより、かくはん式の精米羽根で、お米を痛めずに精米でき、また、4枚の精米はねで、精米時のお米の割れや温度上昇を抑え、粒感のあるごはんに仕あげる。

RSF-A100は家庭用に多い、かくはん式精米器になります。

調理しやすく食べやすい、「やわらか玄米」コース

玄米のぬかを削り取ってしまうのではなく、ぬかを残したまま、お米の表面に隠しカットを行うことで、給水しやすいお米(玄米)します。

カットされた部分から水分を吸収するので、白米モードで玄米を炊きあげることができ、しかも玄米なのに柔らかく食べやすく仕上げる事ができます。

タイガーの家庭用精米機 RSF-A100Rの主な性能や機能

選べる精米の機能

 

タイガーRSF-A100Rのコントロールパネル

・分つき(3分、5分、7分つきの3種類)

ぬかの削り具合で数字が大きいほど白米に近くなります。

・胚芽

玄米は水につけておくと芽が出てきます。この芽が出る部分が胚芽と言われ、非常に栄誉かが高いのですが通常の精米では、ぬかと一緒に胚芽の部分も取り去られてしまいます。

胚芽モードでは、白米に精米しつつ胚芽の部分を残してくれます。

・白米

普通の白米に精米します。

・無洗米

お米を洗わなくても、そのまま炊くことの出来る無洗米に仕上げます。

玄米から直接、あるいは白米から無洗米に仕上げることができます。

・白米強め

お米の表面を普通の白米より更に削って綺麗な白米に仕上げることでツヤと粘りが増します。

・やわらか玄米

特徴のところでも述べましたが、玄米の表面に小さな切れ込みを入れることで、水を吸収し易くし、白米と同じように炊飯できます

(玄米だと炊飯時間が白米よりかなり長くなります)

また炊きあがった後の玄米は、玄米と同じ栄養価のまま、柔らかく食べやすくなります。

・古米みがき

お米は玄米のうちは生きているので劣化しませんが、精米してしまうと、表面からどんどん参加していきます。

そこで古くなって、表面が酸化した白米の表面を、わずかに削り取ることで、精米したての新鮮なお米に生き返らせることが出来ます。

・もち米

赤飯やおこわなどに使われるもち米の精米ができます。

注:もち米は柔らかいので、通常モードで精米すると、精米しすぎてしまいます。

タイガーRSF-A100Rの精米時間一覧
取扱説明書から抜粋

タイガーRSF-A100Rの付属品

タイガーの家庭用精米機 RSF-A100Rの口コミ、評判まとめ

人それぞれ色々な感想を持たれると思いますがタイガーの家庭用精米機 RSF-A100の代表的な口コミ、評判をわかりやすくまとめてみました。

良い口コミ

・炊飯する直前に精米できるのでご飯が美味しい

・精米後のヌカの取り出しや部品の洗いなどは簡単に行える。

・毎回精米所に行かなくても良くなった。

・意外と音は小さかった。

タイガーRSF-A100Rの内部構造

悪い口コミまとめ

・精米中の音が大きい

・割れたお米が出てくる。

その他の口コミ

・連続で使用すると冷却時間が必要になる。

・籾つきの玄米が混じっていた場合には炊飯する前に少々注意して取り除く必要がある。

・白米にしてもやや精米が足りないときは、再度少しだけ精米機にかければよい。

まとめ

炊飯器などで有名なタイガー製品ということで、安心感があります。

また、やわらか玄米機能を使う事で、玄米を白米感覚で食べられるというのも、大きなメリットの1つです。

分つきについては3、5、7分つきの3種類しかないのはほかのメーカに比べて見劣りするような気もしますが、そんなに細かく分つき機能でつき具合を変更する場面はあまりないと思いますので、気にするほどの機能では無いと思います。

価格的には中級機~高級機の中間くらいに当たります。

 

★AmazonでタイガーRSF-A100Rを見てみる★

★楽天でタイガーRSF-A100Rを見てみる★

タイトルとURLをコピーしました