メガネ

還暦のお祝いに気の利いた便利グッズを贈るならハズキルーペはいかがですか

投稿日:2017年5月30日 更新日:

 

還暦のお祝いにプレゼントをあげようと思っているけど何にしようかと迷っているあなた

家族などと相談しているけど、出来れば気の利いた便利グッズとかあればいいなと思っているとしたらハズキルーペはいかがですか

 

還暦を迎える頃には、想像以上に老眼が急激に進んできます。

そしてそれだけではなく、水晶体が濁ったり、表面が滑らかでなくなることで、手元の小さな文字や、細かいものが見えにくくなっています。

 

還暦を迎えて定年される方も多いですが、年金をもらえるのはまだ先の話

定年後も仕事を続ける人も多いかと思いますが、それでもバリバリの現役の頃に比べれば時間などの余裕も出てきて趣味のことや読書にいそしむことも多くなります。

ということで、見えにくくなった手元のものを拡大して見ることができる便利グッズのハズキルーペを還暦のお祝いとして贈るのも気が利いていると思います。

 

ハズキルーペ
ハズキルーペ

 

還暦になるころには急激に老眼が進んで、近くのものが見えにくくなります

還暦になるころには急激に老眼が進んで、近くのものが見えにくくなるというと

なんとなくそんなの当たり前じゃ無いかと思うかもしれませんが

どのくらい見えにくくなっているかというと

 

人の目は10代の頃から老化が進んでいます。

そして焦点を合わせられる最短距離=近点距離といいますが

年代別の平均的な近点距離は

10歳   7cm
20歳  10cm
30歳  14cm
40歳  22cm
45歳  28cm
50歳  40cm
55歳  67cm
60歳 100cm

若い頃には目の前にあるものでも焦点を合わせられていたのが、40代後半には本を読んだりするのにも焦点を合わせるのがきつくなり

そこで自分が老眼になったと気が付くことになります。

そして60歳、還暦を迎える頃には、なんと1mも先でないと焦点が合わせにくくなっています。

老眼で近くのものが見えにくくなている人

 

じゃあ、老眼鏡を使えばいいかというと

人の目は水晶体が硬くなって、近くのものに焦点が合わなくなるだけでなく

水晶体の表面がでこぼこしてきたり(お顔にしわが増えるようなものです)不純物が混ざって、若いときより入ってくる光が薄暗く感じたりということで

分かりやすく言えば若いときが4Kテレビぐらいの画像だったのが、60代の頃には昔のアナログテレビみたいな感じになっています。
しかもバックライトが無く薄暗くなっている感じ
(あくまで比喩表現です)

 

ですから、焦点が合わなくなっているだけではなく、目の解像度が落ちていますから、そもそも細かいものがよく見えなくなっています。

 

粗い画質の画像

 

ハズキルーペは還暦の人に贈って喜ばれる気の利いた便利グッズ

ハズキルーペは老眼の度数がついているめがね式拡大鏡です。

めがね式ですから自由に両手を使って物を拡大して見ることができます。

片手にルーペ、そして片手で本のページをめくるなどということは必要ありません

虫眼鏡片手に本を読んでいる人

 

あるいは爪切り

指の爪を切るのに、片手で虫眼鏡というわけにはいきません

還暦を迎える頃には、指先などもよく見えなくなっていますし、しっかり見ようと目に近づけるわけにも行きません

ルーペ付きの爪切りなんてのもありますが

 

ルーペ付き爪切り

 

ハズキルーペがあれば、そんな面倒な事をしなくても楽々、指先の爪が見えてしまいます。

近くに焦点が合わせられて、見ているものが一回り大きく見えるメガネ

いうなれば、還暦を迎えても30代の視界が取り戻せるようなものです。

 

ハズキルーペはめがね式で両手を使って細かい物を見ることができる上に、虫眼鏡と違って幅広い視界も得ることが出来ます。

ということで還暦を迎える頃には、意外と不便を感じている

読書やスマホの細かい文字

趣味の手芸や釣りの仕掛け作り

そういう不便なことが一気に解消されてしまいます。

 

ハズキルーペで細かい文字を見た所

 

ハズキルーペと老眼鏡の違いは何、何のために使うの、使い方は

 

還暦のお祝いに贈る気の利いたハズキルーペの選び方

還暦のお祝いに贈る気の利いた便利グッズですから選び方にも注意したいですね。

ハズキルーペにはいくつかの種類がありますが、大きな分類としては

拡大率

拡大率は3種類

・拡大率1.32倍

・拡大率1.6倍

・拡大率1.85倍

 

因みに老眼の度数3.4DPTは64歳、2.5DPTは55歳くらいの人が30~40cmの所に焦点を合わせやすい度数です。

老眼の度数1.3DPTは43歳くらいの人が30~40cmくらいの所に焦点を合わせやすい度数です

なお、還暦の人でもパソコンの画面などやや離れた(50~70cm)物を見る場合は、2.5DPTだと焦点距離が近くなりすぎる場合が多いです。

 

タイプ

ハズキルーペには3タイプあります

・ラージ
・ペコンパクト
・クールハズキ

 

ラージ

ハズキルーペラージ
ラージ

旧名称はハズキルーペPart3(ショップによっては旧名称で販売しているところがあります)

他のタイプに比べて一回り大きいのが特長です。

乱視の人や、老眼の度数が高く、普段使っているメガネなどと重ねて使いたい人に最適です。

 

コンパクト

ハズキルーペコンパクト
コンパクト

旧名称ハズキルーペPart5

ハズキルーペの標準タイプです。

ファッショナブルなので、人前で使っても違和感がありません

 

クールハズキ

クールハズキ
クールハズキ

新タイプなので旧名称はありません

ハズキルーペの中では1番小さく、携帯に便利なように作られています。

主に外出先などで使うから、かさばらないものが良いという人に便利です。

 

ハズキルーペ2017の種類、サイズや倍率、選び方はどうすればいい?

 

レンズカラー

ハズキルーペにはカラーレンズタイプとクリアレンズタイプがあります。

ハズキルーペカラーレンズ
カラーレンズ

ハズキルーペクリアレンズ
クリアレンズ

 

カラーレンズタイプはパソコンやスマホなどから出るブルーライトをカットする機能が強化されています。

ただし、レンズが紫がかった色がついていますのでサングラスっぽく見えます。

また、レンズが着色されている(ブルーライトをカットする成分)ので、その分、目に映る画面は若干暗くなる事になります

明るいパソコンなどの画面であればまぶしくないというメリットが有りますが、逆に本を読んだりする場合には、目に映る画面がやや暗くなるというデメリットがあります。

 

まとめ

還暦のお祝いに贈る便利グッズとしてのハズキルーペ

お花や食べ物、お酒と違って長らく使い続けることが出来ます。

贈る相手の使い方に合わせてタイプを選んで贈りましょう。

 

ちょっと大きめのメガネと重ねて使う必要がある人はラージ

外出先などで使う事が多く、携帯に便利なものを優先するならクールハズキ

標準タイプならコンパクト

 

パソコンなどのやや離れた(50~70cm)物を見ることが多い場合には、拡大率1.3倍のもの

本を読んだり、手元の細かい作業に使いたい人には拡大率1.6倍のものを選ぶようにしましょう

還暦になるころには見た目は若くても、視力は結構衰えています。

これからもますます活躍してもらうために、近くのものを拡大してはっきり見えるようになる便利グッズをプレゼントしてみてはいかがですか

★Amazonでハズキルーペを見てみる★

★楽天でハズキルーペを見てみる★

 

-メガネ
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ハズキルーペをプレゼントで贈るときの、失敗しない選び方

  以前は、結構隠れた便利グッズだったハズキルーペも、最近では名前が売れてきて プレゼントで贈ることも多くなっているようです。   とはいうもののハズキルーペにはいくつかの種類があ …

2017新ハズキルーペ・ラージの特長や使い方、口コミを解説します。

  ハズキルーペ ラージに2017.9から1.85倍タイプが追加になりました。 また横幅も3mmほど大きくなって、メガネの上から重ねてかけるのがより容易になりました。 ハズキルーペ ラージの …

ハズキルーペのデメリット、老眼鏡と何が違う、こんな人は買っちゃダメ

  ハズキルーペがCMで評判?(炎上しているという人もいますが・・) とはいうものの、高齢者の方の評判は上々です。 高齢になるとどうしても、視力が衰えて手元の小さな物が見えにくくなります。 …

ハズキルーペ、40代の人の上手な選び方、タイプや倍率はどうする

  40代と言えば老眼が始まり、書類の細かい文字も見えにくくなる年代です。 そこでCMによくでてくるハズキルーペが気になる人もいると思います。 でもハズキルーペにもいくつかの種類があり、倍率 …

ハズキルーペ2017の種類、サイズや倍率、選び方はどうすればいい?

  ハズキルーペ、元々は知る人ぞ知る便利グッズだったんですが、テレビCMが始まって、結構多くの人に使われるようになってきました。 でも、ハズキルーペにはいくつかの種類があって、使う目的や使い …

検索

アーカイブ

カテゴリー