メガネ

40代になるとスマホの文字が見にくくなる理由と便利グッズ

投稿日:2017年5月27日 更新日:

 

40歳を過ぎた辺りからなんとなくスマホの文字が見にくくなります。

文字を大きく表示してみることもできますが、画面に表示できる文字数が少なくてどうにも使いづらい

そういうことが、40代後半ともなると更にハッキリしてきます。

 

なぜ40代になるとスマホなどの細かい文字が見にくくなるのか

その理由や便利グッズについて解説していきます。

 

スマホ

 

なぜ40代になるとスマホの文字が見にくくなるのか

老眼は40代から始まる

結論から言うと、40代からスマホが見にくくなるのは老眼が始まるからです。

そう、あの「ろーがん」です。

 

今時の40代と言えば会社や組織ではまだまだ中堅どころ

自分ではまだまだ若いつもりですが、老化は確実に押し寄せています。

 

老眼は近くに目の焦点を合わせられませんから、スマホを目の前に持ってきても焦点が合わない

だからといって、遠くに離せば、文字が小さくて読みづらい

 

しかも目の老化は焦点距離が長くなるだけで無く、目の水晶体の濁りや、表面が滑らかでなくなることで「解像度」が落ちています。

目に映る風景は、極端な話し、若いときには4Kテレビぐらいの画面だったのが40代になると次第に昔のアナログテレビの画面に近づいていきます。

ですから当然スマホなどの小さな文字が見にくくなります。

 

老眼が始まった人

 

目の老化は10代から始まっている

ただし、今、40代になると老眼になると言いましたが、実は目の老化は10代から始まっています。

所が目が老化しても30代までは気になりません

なぜかというと、人間の近点距離=焦点を合わせられる最短距離は平均的には

10歳   7cm
20歳  10cm
30歳  14cm
40歳  22cm
45歳  28cm
50歳  40cm
55歳  67cm
60歳 100cm

 

つまり40歳になりたての頃は22cmくらいまでスマホに目を近づけても何とか焦点が合っていました。

近くの物に焦点が合わず目が疲れている人

 

ところが45歳ともなると、28cmが最短距離、普通に本や書類を読んでいる距離です。

解像度が落ちている目で細かい文字を見ようと目を近づけると、今度は焦点が合わないということになります。

 

しかも、28cmというのは、ぎりぎりの距離ですから、当然目は無理をして目のレンズを膨らませて焦点を合わせている状態ですから、とても疲れます。

ということで目がチカチカしたり、イライラしたりすることも出てきます。

さらに50歳近くなると40cm、つまり手を目一杯伸ばしたところ辺りで無いと焦点が合わなくなっています。

 

老眼が進んだ人から見るとスマホの文字はわざとかと言うくらい細かい

もっと大きくして見れないのという人も多いかと思います。

そこでオススメする便利グッズ

 

ハズキルーペは老眼の度付きめがね式拡大鏡

テレビのCMでハズキルーペをご存じの方も多いと思います。

ハズキルーペは老眼の度付きめがね式拡大鏡です。

 

老眼の度数は1.3DPTと2.5DPT、3.4DPTの3種類

老眼の度数1.3DPTは43歳くらいの老眼の度数でハズキルーペで言うと倍率は1.32倍

2.5DPTは55歳くらいの老眼の度数で倍率は1.6倍

3.4DPTは65歳くらいの老眼の度数で倍率は1.85倍ですから

40代の方なら、よほどの手元の細かい物を見るのでない限り1.3DPTのものが使いやすいと思います。

 

ハズキルーペコンパクト
ハズキルーペコンパクト

 

スマホが見にくいときのお勧めグッズはハズキルーペ

ということで、40代になってスマホの画面が見づらくなったらハズキルーペを使うのも一つの手です。

めがね式拡大鏡ですから、両手が自由に使えますから、スマホの操作も問題ありません。

適度に文字も拡大してくれますから、ものすごく見やすいと思います。

 

見た目もファッショナブルですから、かけていているのを見られても違和感がありません。

ハズキルーペはメガネとの併用も可能です。

ただし2.5DPT(拡大率1.6倍)のタイプのものは40代の人だと焦点距離が近くに来てしまい、スマホなどを見るのにはやや使いづらいかもしれません

 

クールハズキ
クールハズキ

 

40代の人がスマホを見るためのハズキルーペの選び方

スマホの文字が少し見づらくなった人が選ぶハズキルーペはズバリ

「ハズキルーペコンパクト」

あるいは、主に外出先などで使うので携帯しやすいタイプが希望なら「クールハズキ」

拡大率1.32倍(老眼の度数1.3DPT)のものです。

 

参 考

ハズキルーペには3種類あって

ラージ(旧名称ハズキルーペPart3)
ハズキルーペラージ

コンパクト(旧名称ハズキルーペPart5)
ハズキルーペコンパクト

クールハズキ(新発売、携帯用)
クールハズキ

旧名称のまま販売しているショップもあるので要注意

 

カラーレンズタイプとクリアレンズタイプがありますが、カラーレンズタイプは液晶画面などから出るブルーライトのカット機能を強化したタイプで、少しサングラスっぽい感じがします。

フレームの色はいずれのタイプも赤、紫、黒、白、チタン、パール、ルビー、ブラックグレーの8色の中から選べます。

ハズキルーペ、40代の人の上手な選び方、タイプや倍率はどうする

 

めがね式拡大鏡には外国製の安価なものもあります

ハズキルーペは国産のめがね式拡大鏡ですから、製品の作りはしっかりしています。

フレームやレンズの製造精度も外国産のものに比べ、圧倒的に高精度です。

ただし値段の方もそれなりにしますので、一時的にちょっと使うだけなのでという人は、品質にこだわらなければ外国産の安価なものを選ぶというのも選択肢に入ります。
(なお、外国産のものは製造品質にばらつきがあり当たり外れが大きいですから後から後悔しないようにしましょう)

ハズキルーペ類似品
類似品一例

ハズキルーペの偽物にはどんなものがあるの、見分け方は?

 

まとめ

目の老化は10代から始まっていますが、手元のものに焦点を合わせづらくなるのが40代です。

しかも目の解像度や明るさは年々低下しています。

スマホが見づらくなった時、めがね式拡大鏡を使えば、ずいぶん画面が見やすくなります。

頑張ってスマホの画面とにらめっこするのも良いですが、便利グッズを使って楽ちんにスマホを使いこなすのも良いですよ。

★Amazonでハズキルーペを見てみる★

★楽天でハズキルーペを見てみる★

 

-メガネ
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ハズキルーペのCMはウザイ?のになぜ売れるの?人気の秘密は?

  ハズキルーペのCMがウザイと、結構批判的な意見で盛り上がって?います。   ところがハズキルーペの売上げは順調で、あちこちでハズキルーペのCMが放送されています。 色々な番組で …

ハズキルーペ2017の種類、サイズや倍率、選び方はどうすればいい?

  ハズキルーペ、元々は知る人ぞ知る便利グッズだったんですが、テレビCMが始まって、結構多くの人に使われるようになってきました。 でも、ハズキルーペにはいくつかの種類があって、使う目的や使い …

ハズキルーペのCMが炎上していますが、製品の評判や口コミを解説

  ハズキルーペのCMが結構炎上していて、SNSなどでは結構批判めいた投稿をよく見掛けます。 そういう批判の一方、毎日のようにハズキルーペのCMが流されていますし ハズキルーペのCMにはずい …

2017新ハズキルーペ・ラージの特長や使い方、口コミを解説します。

  ハズキルーペ ラージに2017.9から1.85倍タイプが追加になりました。 また横幅も3mmほど大きくなって、メガネの上から重ねてかけるのがより容易になりました。 ハズキルーペ ラージの …

ハズキルーペと老眼鏡の違いは何、何のために使うの、使い方は

  ハズキルーペは年配の方が手元の細かい文字を見たり、細かい作業をやるためのツールと言うことで老眼鏡のようなイメージがありますが ハズキルーペと老眼鏡は何が違うのでしょう   ハズ …

宝実


宝実
知って得するお宝グッズの情報を発信しています。

検索

アーカイブ

カテゴリー


Parse error: syntax error, unexpected '}', expecting end of file in /home/pff00021/takaraminoru.com/public_html/wp-content/themes/stinger8/footer.php on line 15