シャンプー

オーロラシャンプーはノンシリコンなのになぜきしまないの

投稿日:

 

オーロラシャンプーはノンシリコンですが全くきしまないです。

なぜか?

それはオーロラシャンプーが完全なアミノ酸シャンプーだから

で、分かる人は分かるのですが

どうしてアミノ酸シャンプーだとノンシリコンでもきしまないのでしょうか

その理由を解説します。

 

一般に市販されているシャンプーはシリコンが必要

一般に市販されているシャンプー

市販のシャンプーに含まれる洗浄成分は強すぎる

通常、お店などで見かける普通のシャンプーは「高級アルコール系」の洗浄成分を使っています。

高級アルコール系の洗浄成分の特長は

価格が安くて、洗浄力が強力

 

というと良いことづくめのように感じますが

この洗浄力が強力というのがくせ者

 

極端な話が、洗浄力が強ければ良いというのであれば衣料用の洗濯石鹸で髪を洗えば、完璧に汚れが落ちる訳です。

でもしかし、衣料用の洗濯石鹸をシャンプーに使う人はいないでしょう

なぜなら、洗浄力が強力過ぎて頭皮や髪に酷いダメージを与えてしまう・・・

ということは容易に想像できると思います。

洗濯洗剤でシャンプーしている人

同じ事はシャンプーにもいうことが出来ます。

高級アルコール系のシャンプーは洗浄力が強力

 

といっても、健康な人なら普通に使っている分には、それほど悪影響は出てきません

厚生労働省も特に注意喚起したり、使用を制限したりすることもありません

 

常識的な使い方で、身体に悪影響が出ることはほとんど考えられないからです。

とは言っても、洗浄力が強力ということは

高級アルコール系のシャンプーで髪を洗えば、頭皮や髪についている皮脂成分はしっかり洗い流されてしまいます。

皮脂は身体を守るための大切な成分

所で、皮脂=汚れだと思っていませんか

元々、皮脂は身体の表面を保護するために人体から分泌されているものです。

 

皮脂には保湿や殺菌など皮膚を守るための大切な機能が詰まっています・

皮脂と同じクリームを作ろうと思うと1ビンで数十万円ほどもかかると言われています。

だから本当は、表面の酷く汚れている部分だけ洗い流して、ある程度の皮脂成分が残っているほど頭皮や髪は保護されることになります。

 

皮脂がなくなると髪はバサバサに

普通一般に市販されている「高級アルコール系」のシャンプーで髪を洗うと皮脂は根こそぎ洗い流されて髪をコーティングしている成分が全くなくなってしまいます。

つまり髪はコーティング剤が無くなってバサバサになった状態になります。

髪がバサバサになった人

シリコンは髪を守るコーティング剤

高級アルコール系のシャンプーで髪を洗うと、そのままでは髪はバサバサになって、洗っている最中も髪がこすれてキシキシします。

このため、髪を守るコーティング剤として使われているのがシリコンという訳です。

シャンプー剤の中にシリコンが配合されているから、髪の表面の皮脂がすっかり洗い流されてもシリコンによって、コーティングされることでキシキシすることはありません

 

アミノ酸シャンプーはノンシリコンシャンプー

アミノ酸シャンプーは洗浄力をマイルドにしたシャンプー

一般に市販されている高級アルコール系のシャンプーは洗浄力が強く皮脂を根こそぎ洗い流したり、刺激が強すぎて

髪にダメージを受けている人や頭皮が弱い人だと、髪や頭皮に問題が起きることが良くあります。

 

このために洗浄力がマイルドで刺激の少ない洗浄成分として開発されたのがアミノ酸系の洗浄成分です。

アミノ酸系の洗浄成分であれば、刺激も少なく、適度に皮脂も残してくれます。

 

オーロラシャンプー

 

アミノ酸シャンプーはシリコンがいらない

アミノ酸系の洗浄成分を使っているシャンプーは皮脂を適度に残してくれるので、洗ったあとも髪がバサバサになったりキシキシすることはありません

当然シリコンを配合する必要も全くありません

 

つまり、アミノ酸シャンプーはシリコンがいらない

ですからアミノ酸シャンプーはノンシリコンシャンプーになります。

 

オーロラシャンプーもアミノ酸シャンプーですからもちろんノンシリコンシャンプーですし

洗っても髪がキシキシすることもありません



なぜ髪がキシキシするノンシリコンシャンプーがあるのか

高級アルコール系なのにノンシリコンだと髪がキシキシに

ノンシリコンシャンプーは髪がキシキシするものだと思っている人がいます。

それは、高級アルコール系の安価な洗浄成分を使っているのにシリコンを入れていないシャンプーがあるからです。

 

高級アルコール系シャンプーなのになぜノンシリコンなのか

アミノ酸系のシャンプーは髪や頭皮に優しいシャンプーです。

しかもサロンや通販などでしか販売されておらず価格も高価です。

そしてアミノ酸系のシャンプーはノンシリコンシャンプー

 

ということから

髪に優しい高価なシャンプー=ノンシリコンシャンプー

というイメージが一人歩きして

業者さんの中には、安価な高級アルコール系の洗浄成分を使っているのに

「ノンシリコンシャンプー」と宣伝して販売する人が出てきました。

 

当然こんなシャンプーで髪を洗えば、キシキシするのは当然です。

でもって、本物のアミノ酸シャンプーは高価であまり出回っていない

 

逆に、安価なノンシリコンシャンプー(高級アルコール系シャンプー)はあちこちに出回って、多くの人が使って

ノンシリコンシャンプーは髪がキシキシするというイメージが出来上がってしまったというのが実際の所だと思います。

 

シャンプーとコンディショナーのセット

安価なノンシリコンシャンプーは結局コンディショナーが必要

安価な高級アルコール系のノンシリコンシャンプーはそもそも洗浄力が強力ですから、結局、コンディショナーをセットで購入して脂分を補給する必要があります。

 

注:アミノ酸シャンプーは適度に皮脂を残すのでコンディショナーなどは基本的に不要です。

それなのに、シャンプーした後はコンディショナーを使うものだという常識を悪用して、

コンディショナーを抱き合わせで販売しているアミノ酸シャンプーがよくありますが、個人的にはいかがなものかと思います。

 

しかも、コンディショナーには大量のシリコンがコーティング剤として含まれていますから、ノンシリコンシャンプーを使った意味は全くありません。

ノンシリコンシャンプーで髪をキシキシと痛めつけたあげくに、コンディショナーでたっぷりとシリコンを補給することになります。

 

オーロラシャンプー

 

まとめ

オーロラシャンプーは正真正銘のアミノ酸シャンプーです。

アミノ酸シャンプーですからシリコンを配合する必要も無ければ、髪がキシキシすることもありません

当然ノンシリコンシャンプーです。

そしてオーロラシャンプーはアミノ酸シャンプーですから、不必要なコンディショナーでシリコンを補う必要もありません

オーロラシャンプー公式サイト↓↓

バレリーナ絶賛!美髪ノンシリコンシャンプー

 

 

-シャンプー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

お湯シャンで頭がかゆくなったときの塩シャンプーのやり方

  お湯シャンを始めると、頭にかゆみを感じることがあります。 これは、長らくシャンプーで髪を洗っていたためにシャンプーに含まれる殺菌剤などの影響で頭皮の常在菌が死滅して お湯シャンを始めたと …

オーロラシャンプーはどうして泡立ちが悪いのでしょう(口コミを鑑定する)

  オーロラシャンプーの口コミを見ていると泡立ちが良くないというコメントをしている人をよく見かけます。 オーロラシャンプーの泡立ちは悪い? なぜオーロラシャンプーの泡立ちが悪いという口コミが …

オーロラシャンプーは泡立ちが悪くて香りがしないのになぜ評価が高いのか

  オーロラシャンプーは専門家からの評価はすこぶる高いシャンプーです。 所が一般の人の口コミ評価は「香りがしない」「泡立ちが悪い」シャンプーとして、イマイチ評価は高くありません なぜなのでし …

フルボ酸とは?効果や、副作用、癌に効くの?フルボ酸シャンプーとは?

  最近は化粧品やシャンプーにフルボ酸という成分が配合されていると良く聞きます。またサプリなどにもあるようですが、フルボ酸とは何なのでしょう フルボ酸にはどんな効果が有って、どんなミネラルが …

頭が臭いと言われない正しいお湯シャンのやり方とコツ

  最近はシャンプーの刺激が強いことが問題になって、お湯シャンを始める人も増えてきました。 しかし、シャンプーを使わない分、しっかり洗い流さないと、洗い流しが出たり、頭が臭いと言われてしまう …

検索

アーカイブ

カテゴリー