双眼鏡

Nikon双眼鏡スタンダードEⅡはどんな双眼鏡なのかわかりやすく解説

投稿日:

Nikon双眼鏡スタンダードEⅡは、Nikonの双眼鏡の中では、中堅クラス、スタンダードバージョンの中での上位クラスという位置づけになります。

Nikonのこのクラスにはもう一つアクションEXがありますが、EⅡはその上のクラスになり、さらに上級、プロフェッショナルクラスへのエントリーモデルといっても良いかもしれません

 

スタンダードEⅡには8×30EⅡ(8倍)、10×35EⅡの2種類があります。

このスタンダードEⅡについてどんな双眼鏡なのかについてわかりやすく解説します。

 

EⅡ8×30
Nikon双眼鏡スタンダードEⅡ8×30

 

EⅡ10×35
Nikon双眼鏡スタンダードEⅡ10×35

Nikon双眼鏡スタンダードEⅡの主な使用シーンと特徴

Nikon双眼鏡スタンダードEⅡは、やはりバードウォッチングなどのフィールド観察に適しています。

このクラスとしてはかなり軽量化に配慮しており、防水機能がついていませんが

その分重量が600g程度に抑えられており、持ち運びの負担がかなり軽くなっています。

 

また見掛け視界も63°前後あり、野鳥などを視界に捕らえるのが容易です。

その他キャンプ、登山、フィッシングなどでも充分な機能を発揮すると思います。

 

Nikon双眼鏡EⅡ8×30とEⅡ10×35の比較

 

Nikon双眼鏡スタンダードEⅡの製品仕様

Nikon双眼鏡スタンダードEⅡの製品仕様は表の通りです。

Nikon双眼鏡スタンダードEⅡの製品仕様

 

Nikon双眼鏡スタンダードEⅡの価格

スタンダード8×30EⅡ

希望小売価格:¥67,000(税別) 実売価格:¥44,161(税込)

スタンダード10×35EⅡ

希望小売価格:¥72,000(税別) 実売価格:¥44,231(税込)

注:実売価格Amazon調べ2018.8

 

Nikon双眼鏡スタンダードEⅡ8×30とペットボトルのサイズを比較したところ

 

まとめ

Nikon双眼鏡スタンダードEⅡは地味で突出した性能は持っていないものの、Nikonの双眼鏡の技術が詰め込まれており

使用している人の多くがその性能に満足しています。

 

クラス的にはエントリーモデルとプロフェッショナルモデルの中間的なスタンダードタイプになりますが

双眼鏡の持つ本質的な性能の面で、プロフェッショナルモデルに近い性能をもっている製品です。

 

★AmazonでスタンダードEⅡをみてみる★

★楽天でスタンダードEⅡ8×30を見てみる★

★楽天でスタンダードEⅡ10×35を見てみる★ 

-双眼鏡
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Nikon双眼鏡アクションEXの口コミと評価、利点や欠点は何

  Nikon双眼鏡アクションEXは、Nikonの双眼鏡の中ではエントリーモデルとプロ仕様モデルの中間、標準的な双眼鏡に位置づけられ アクションEXには7×35CF、8×40CF、7×50C …

Nikon双眼鏡アクションEXはどんな双眼鏡なのかわかりやすく解説

  Nikon双眼鏡アクションEXはNikonの双眼鏡の中では本格派の防水型双眼鏡です。 アクションEXには ・7×35 CF ・8×40 CF ・7×50 CF ・10×50CF ・12× …

ペンタックスの双眼鏡タンクローRとUPの違いは?どちらを選ぶ?

  ペンタックスの双眼鏡、タンクローシリーズにはタンクローRとタンクローUPがあります。 この2つはどう違うのでしょう? 選ぶのならどちらが良いのでしょう?  

Nikon双眼鏡 トラベライトⅥの口コミと評価

  Nikon双眼鏡トラベライトⅥは、携帯性を重視し、軽量でお手軽にコンサートやスポーツ観戦に利用できるコンパクトタイプの双眼鏡です。 倍率も手ぶれの少ない8倍、広い屋外コンサートなどでアー …

双眼鏡を選ぶ時、性能の見方や比較、シーン別の選び方のポイントは

  必要があって双眼鏡を購入しようと思うけれども、どういう双眼鏡を選んでいいのか分からない、そもそもカタログに書いてあるスペックや仕様もイマイチ何が書いてあるのか分からない そういう人の為に …

検索

アーカイブ

カテゴリー