電気製品

ツインバード掃除機 2wayサイクロンクリーナー最新機種比較と選び方

投稿日:2018年9月25日 更新日:

 

ツインバードの掃除機2wayサイクロンクリーナーはいくつか種類がありますが、似たような製品がいくつか出ていて、イマイチどれを選んでいいか分かりにくいと思いますので

最新機種について、比較してどれを選べば良いのかまとめてみました。

 

ツインバード掃除機 2wayサイクロンクリーナーの特徴

ツインバード掃除機 2wayサイクロンクリーナーを選ぶ前に、共通する特徴について理解しておくと、機種を選ぶときに余計な混乱が起きないと思いますので解説しておきます。

 

ツインバードの掃除機2wayタイプはスティック型

ツインバードの掃除機2wayサイクロンクリーナーは全て、スティック型で、ハンディータイプとして使用する場合はスティックの部分を取り外して使う事になります。

逆に言うとツインバードのスティックタイプサイクロンタイプは全て2WAY、ハンディータイプとしても使う事が出来ます。

ツインバードスティック式掃除機をハンディタイプで使用しているところ

 

集塵器の部分は透明で水洗い可能

集塵器の部分は透明で水洗いが可能です。

ツインバードスティック式掃除機の集塵器を水洗いしたところ

 

ツインバードの掃除機2wayサイクロンクリーナーの選び方

とにかく軽量で取り扱いやすいタイプが欲しい

ツインバードの2wayサイクロンクリーナーのなかでもっとも軽量なのは

TC-5106BL(ブルー)

TC-5106BR(ブラウン)

TC-5106P(ピンク)

または

TC-5107BR(ブラウン)

になります。

何れのタイプも重さ1.5kg、仕事率20w

 

TC-5106
TC-5106

 

TC-5107BR
TC-5107BR

 

重量が1.5kgと500mlペットボトル3本分なので、力の無い人でも、負担になら無いと思います。

軽量化に徹していますので、どちらかというとワンルーム用やメインの掃除機では無く補助的な使い方になると思います。

価格的にも手頃なので一人暮らしや単身赴任の人にも使い勝手は良いでしょう。スティック型なので場所も取らないし、引越の際もあまり邪魔になりません。

 

軽量タイプの特徴と口コミ、評価についてはこちらの記事参照

ツインバードスティック式掃除機(軽量タイプ)の特徴と口コミ、評価

 

 

付着した汚れも取れるワイパースティック型ならこれ

掃除機では取りづらい、床面などに付着した汚れもついでに一緒に取りたいという人にはワイパースティック型を選びましょう。

TC-5165BL(ブルー)

TC-5165R(レッド)

TC-5165VO(アイボリー)

いずれも重さ1.8kg、仕事率40w

 

ツインバードのサイクロンスティック型としては標準タイプにワイパーを取り付けたという形で、重さ的にも1.8kgと軽量です。

この機種については、布団ノズルが付いていますから、布団のホコリやダニ対策にも使えます。

 

 

TC-5165

TC-5165に布団ノズルを付けたところ
TC-5165

 

それともう1機種

TC-5148G(シャンパンゴールド)
重さ2.1kg、仕事率100w

注:新発売のため2018.9現在、実売価格等の情報無し

TC-5148G
TC-5148G

TC-5148G

ツインバードワイパータイプの特徴、口コミ、評価はこちらから

 

標準タイプ

ツインバードのサイクロンスティックの標準タイプを選ぶという方法もあります。

重さは1.7kgですから、軽量タイプとさほど変わりませんし、パワー的にもかなりアップしているので、吸引力はかなり違います。

特に軽さにこだわらないのなら標準タイプを選んだら良いと思います。

 

標準タイプといってもいくつかの種類があります

TC-EA35W(ホワイト)(仕事率70w)

TC-E123SBK(ブラック):限定販売(仕事率70w)

TC-5134R(レッド):高価格バージョン(仕事率70w)

TC-E152B(ブラック):ハイパワーバージョン(仕事率100w)

TC-E151W(ホワイト):ローパワーバージョン(仕事率40w)

 

それぞれの機種の特徴や口コミ、評価については下記記事を参照してください。

ツインバードスティック式掃除機(標準タイプ)の特徴と口コミ、評価

 

TC-EA35W
TC-EA35W

TC-E123SBK
TC-E123SBK

TC-5134R
TC-5134R

TC-E152B
TC-E152B

TC-E151W
TC-E151W

 

重くてもパワーがあった方が良い場合

ツインバードのサイクロンスティック式掃除機は軽量で取り回しが簡単なのがウリですが

多少重くても良いから、もう少しパワーがあった方が良いという方はこちらのタイプになります。

 

・TC-EA36W(ホワイト)重さ3.4kg、仕事率220w

・TC-5147G(ゴールド)/TC-5147R(レッド)
重さ2.1kg、仕事率100w

・TC-EA17W(ホワイト)重さ2.1kg、仕事率100w

この3機種になります。

 

パワータイプの特徴や口コミ、評価については下記記事を参照してください

ツインバードスティック式掃除機(パワータイプ)の特徴と口コミ、評価

 

TC-EA36W
TC-EA36W

TC-5147
TC-5147

TC-EA17W
TC-EA17W

 

ツインバードサイクロンスティック式掃除機一覧表

 

まとめ

ツインバードのサイクロンスティック式掃除機は、何れも2WAY方式で、ハンディー掃除機としても使用可能です。

驚異的な低価格で、サイズ、重さ的にも邪魔になりませんから

一人暮らしや、単身赴任、ワンルーム、あるいはちょっとした時に気軽に掃除機が掛けられるというサブの掃除機として重宝すると思います。

 

★Amazonでツインバードスティック式掃除機を見てみる★

★楽天でツインバードスティック式掃除機を見てみる★

 

-電気製品
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

AmazonがスマートディスプレーEcho Spotを日本でも発売、出来る事は?

  Amazonジャパンは2018年6月21日にスマートディスプレー「Echo Spot」を日本でも発売すると発表しました。 同日より先行予約を受付開始、7月26日に出荷を開始 スマートディ …

シャープ掃除機、最新のキャニスター型の種類と特徴、選び方を一覧で解説

  家電製品って、結構旧タイプが混在していて、どれがどれやら分かりにくいって事が結構あります。 このために、旧製品が製造中止で、品薄になっているために 旧製品=名前が売れている&品薄 という …

ツインバードスティック式掃除機(パワータイプ)の特徴と口コミ、評価

  ツインバードのサイクロンスティック式掃除機は軽量で使い回しが簡単な掃除機です。 とはいうものの、軽量よりも多少パワーのある機種が良いという場合の選択肢として TC-EA36W、TC-51 …

シャープ掃除機、最新スティック型の種類と特徴、選び方を一覧で解説

  欧米では一般的なスティック式の掃除機ですが、日本では長らくキャニスター型の掃除機が主流でした。 従来のスティック式は、重量が有り、日本人には取り回しがキツかった事が原因ですが、最新型のス …

家庭用精米器のおすすめ、売れ筋、性能、価格?何を選べば良いのでしょう

  玄米を精米したてのご飯はとても美味しいと言いますが、その為には家庭用精米機が必要です。 でも、家庭用精米機って、今まで使ったことのない人にとって何を選んでいいか分からないと思います。 売 …

検索

アーカイブ

カテゴリー