メガネ

ハズキルーペの売れ筋と、口コミをチェックして解説します

投稿日:2017年11月14日 更新日:

 

ハズキルーペの売れ筋と、口コミをチェックして解説します。

売れ筋については某、通販ショップさんの一部のデーターを使用しており、多少の偏りはあるかもしれませんが、大まかな傾向は示していると思います。

 

口コミについては、良かったというような普通の口コミは除いて、参考になるような口コミや、悪い口コミなどについて、客観的な観点から分析して解説します。

注:データは2017年1月1日~11月12までのデータ

2018.11追記済み

 

フレームカラーの売れ筋、どの色が売れているのか

ハズキコンパクト
ハズキ・コンパクト・クリアレンズ

ハズキルーペの全てのタイプを合わせた、フレームの色毎の販売割合です。

黒 42%
赤 28%
紫 22%
白  8%

やはり無難な黒が一番多いようです。ハズキルーペの特性上、高齢者の利用が多いというのも関係しているのでしょう。

紫が結構多いですが、紫と言っても落ち着いた色合いですし、男女兼用にしてもおかしくありません。また多少おしゃれな感じもしますから選ばれる人も多いです。

白は目立ちますから、敢えて目立つカラーがほしい人に選ばれるのでしょう。

追記

2018.1にハズキルーペのカラーにチタンとパールが追加され、フレームカラーは黒、赤、紫、白、チタン、パールの6色の中から選択可能です。

 

2018.11追記

その後の売れ行きを見ていると、チタンカラーが結構人気のようです、渡辺謙さんのCMの効果でしょうか

また、武井咲さんのCMになってから新たにルビー、ブラックグレーが追加になっています。

ということで、現在フレームカラーは黒、赤、紫、白、チタン、パール、ルビー、ブラックグレーの8色になっています。

 

ハズキルーペ2018の選び方、武井咲バージョンで最新ラインアップ変更

 

ハズキコンパクト
ハズキ・コンパクト・クリアレンズ

 

ハズキ・コンパクト・カラーレンズ(カラー:チタン)

 

ハズキルーペタイプ別の売れ筋

旧タイプ  36%
コンパクト 35%
ラージ   24%
クール    5%

意外に旧タイプが売れているのに驚きました。

機能的にはラージタイプとほぼ同じですし、ショップさんの方も在庫処分ということで、価格の方も比較的安くなっていることから、選ばれる方も多いのかもしれません

現行のバージョンとしてはやはり、標準タイプのコンパクトが売れ筋となっています。

とはいうものの、メガネと重ねて使いやすく視界も広いラージも結構売れています。

 

ハズキ・クールは発売になってから1年しか経っていませんし、やはり予備的な使い方をする場合が多い(外出時など)ため、売れ筋にはなっていません。

 

ハズキ・ラージ・カラーレンズ
ハズキ・ラージ・カラーレンズ

 

レンズタイプ別売れ筋

クリアレンズタイプ 88%
カラーレンズタイプ 12%

やはり、高齢の方が使われることが多く、スマホやパソコンなどを見ることを想定して作られているカラーレンズタイプを選ぶ人は少ないようです。

あるいは純粋に、ルーペ(拡大鏡)としての機能を求めている人にとっても、レンズにカラーがついているのはかえって使いづらい場合もあるのかもしれません

ハズキルーペのレンズはカラーレンズ、クリアレンズのどちらを選ぶ?

 

売れ筋商品の背景について

ハズキルーペは昨年(2016)の10月から、製品のラインナップについて目立ちませんが結構重要な変更を行っています。

それは、全てのタイプで倍率を1.32倍/1.6倍、クリアレンズ/カラーレンズの全てのレンズのどれでも選べるようになった事です。

注:以前はタイプによってレンズの種類が決まっていたりしました。

 

2018.11追記

現在、コンパクト、ラージについては拡大率が1.32/1.6/1.85倍のいずれも選択可能になっています。

クールについては1.32/1.6倍の2種類が選択可能

 

 

ただし、ショップさんが持っている旧旧バージョンや、旧バージョンの在庫が多数あり、また、新タイプの製品の市場への出回りもゆっくりしたペースであった為に、新タイプの販売数はそれほど伸びておらず

ショップさんも、旧バージョンの販売に力を入れていることなども背景にあります。
(旧バージョンを前面に売り出したり、価格を下げるなど)

 

ハズキ・コンパクト・カラーレンズ
ハズキ・コンパクト・カラーレンズ

 

ハズキルーペの口コミをチェックして解説します

特に低い評価をした人の口コミを分析してみました。

「ふつうに老眼鏡を買ったほうが安くて使いよい」

ハズキルーペは老眼鏡ではなくルーペ(拡大鏡)です。

焦点さえ合えばしっかり対象物が見える人であれば、自分の視力に合わせて作れる老眼鏡の方が見やすいでしょう。

ただし、焦点を合わせる事が出来ても、文字などが細かすぎて見えづらいというような場合に便利なのがハズキルーペです。

ハズキルーペと老眼鏡の違いは何、何のために使うの、使い方は

 

老眼鏡をかけて本を読んでいる人

「ブルーライト対応カラーレンズは室内で使用すると、紙面が暗くて見えずらい」

全くその通りで、カラーレンズタイプはバックライトがついている液晶画面を主に見ることを想定していますから、まぶしくないよう多少光を抑えるようになっています。

スマホや、パソコンの画面を主に使うような目的でなければクリアレンズをオススメします。

 

カラーレンズでパソコンを見た所
ハズキ・コンパクト・カラーレンズ

 

「掛けると頭が痛くなりめまいがする」

ハズキルーペはルーペ(拡大鏡)ですから手元の小さなものを拡大して見ることを想定しています。

ですから、使い方としては、対象物を焦点が合うような位置に持ってきてその位置で見るようにします。

 

ところが、遠くを見たり普通のメガネ的に使おうとするれば、焦点距離が合わなかったり、動いている物を見ようとしたりすれば、焦点を合わせにくく、目がクラクラすることは当然あると思います。

さらに見ているものは1.6倍や1.85倍に拡大されていますから、少しの動きでも、画面が大きく視界の中で動き回ることになり、虫眼鏡であちこち見たりすれば、目が回ったりするのと同じ事になります。

 

パソコンの画面をルーペで見たところ

「ピントが合わない」

これはピントがあう位置に見たい物を持ってきてくださいというほかないです。

その場合、極端に焦点距離が近くなる場合は1.6倍のレンズではなく、1.32倍のレンズを使うという方法もあります。

 

焦点距離の目安

1.32倍のレンズ 50~70cm
1.6倍のレンズ  30~40cm
1.85倍のレンズ 22~28cm

 

「ハズキコンパクトはレンズの視野が狭い」

今時の若い人は細ぶちのメガネになれていますが、高齢者の方だとやはり、視野の広い(レンズの大きい)ラージタイプの方が使いやすいと思います。

 

「展示場でよかったので注文したが、届いた商品は焦点が合わなかった」

これはおそらく、展示場では1.32倍のレンズのものを試して、注文した物が1.6倍のレンズだったなどの、レンズの倍率の違いでは無いかと思われます。

ハズキ・クール
ハズキ・クール

 

「もう少し老眼の度の強いものが出てくれると助かる」

ハズキルーペは老眼鏡ではなくてルーペです。

因みにハズキルーペの老眼の度数は

1.32倍 1.3DPT
1.6倍  2.5DPT

1.85倍 3.4DPT

ですから、平均的な老眼の度数としては1.32倍/40代前半、1.6倍/50代中盤、1.85倍60代中盤の老眼の度数に相当します。

つまり、70歳以上の人や老眼の進んでいる人であれば、ハズキルーペだけでは老眼の度数が不足して、近い所に焦点は合いにくいです。

その場合は、現在使っている老眼鏡あるいは昔使っていたが老眼の度数が進んで今は使っていない弱めの度数の老眼鏡を重ねて使うなどの方法があります。

その際、ハズキルーペもメガネと重ね掛けしやすい、ハズキラージ(サイズが大きい)を使用することをお勧めします。

 

「拡大してくれるだけで良いのに、老眼の度数が入っている」

ハズキルーペはルーペ(拡大鏡)で凸レンズになっていますから、老眼の度数というよりは焦点距離がどうしても近くになるのはルーペ(拡大鏡)を使っても同じです。

 

「さほど拡大しているようには見えない」

倍率1.32倍のタイプを選ばれたのだと思います。

1.32倍だと、一回り大きくなっている程度で、実感として大きく見えるという感覚は無いと思います。

この点はCMなどでずいぶん拡大してくれるイメージが先行している影響もあるかと思います。

 

1.32倍のレンズタイプは、多少、小さな文字が見にくくなった程度の人、あるいはパソコンなどの少し離れたものを見るのに適しています。

大きく拡大したいのであれば1.6倍タイプ、あるいは新発売の1.85倍タイプを選ぶと良いと思います。

 

ハズキルーペで拡大して見た画像

 

「注文したのとは違う商品が届いた、画像とは違う商品が届いた」

ショップ側が間違えた可能性もありますが、画像が見えにくかったり、表示されている画像が別のタイプだったり、あるいは本人が勘違いしている可能性もあります。

購入の際には画像だけでなく、しっかり商品名(タイプ)や倍率を確認してから注文しましょう。

 

まとめ

ハズキルーペの売れ筋をまとめてみました。

ただし売れ筋というよりは、自分の使うシーンに合わせて購入した方が、間違いが無いと思います。

口コミなどを見ても、低い評価をしている人はタイプやレンズの選択を誤ったと思われるものが多くありました。

 

これについては、昨年、ラインナップが一新されるまで、タイプによっては好みのレンズ倍率が選べなかったというような点も多少影響していた部分もあります。
(旧ラージタイプは1.6倍のみ、旧コンパクトのカラーレンズは1.32倍のみなど)

注:旧タイプの在庫が多く新タイプのハズキルーペがなかなか市場に出回らなかったという問題もあります

現在はどのタイプを選んでも倍率やレンズのタイプを自由に選ぶことが可能です。

 

購入する場合は自分にはどのタイプが適しているのかしっかりチェックして、また購入の際にも、間違って異なるタイプや倍率のハズキルーペを注文しないようによく確認する必要がありそうです。

 

★Amazonでハズキルーペを見てみる★

★楽天でハズキルーペを見てみる★

 

-メガネ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ハズキルーペとは何、一体何のために使うもの、必要な物なの?

  最近はハズキルーペのCMも有名になり、ハズキルーペがメガネ式の拡大鏡だということは皆さんご存知だと思います。 ですが、イマイチ、ハズキルーペは何のために使うものなのか 本当に必要な物なの …

2017新ハズキルーペ・コンパクトの特長や使い方、口コミを解説します。

  テレビCMなどで話題のハズキルーペ その中でも標準タイプのハズキルーペ・コンパクトの特長や使い方、口コミを解説します。  

ハズキルーペには老眼の度数はついているの?老眼鏡との違いは

  ハズキルーペに老眼の度数はついているのでしょうか ハズキルーペに老眼の度数がついているとしたら、どの程度の度数なのでしょう   あるいは老眼の度数がついているとしたら、老眼鏡と …

ハズキルーペの偽物にはどんなものがあるの、見分け方は?

  ハズキルーペを販売しているハズキカンパニーさんではしきりに偽物に注意 というアナウンスをされているようです。   確かに、中国製の安価なメガネ式ルーペはいくつか発売されています …

ハズキルーペを敬老の日に贈って喜ばれる理由と選び方

  2019年の敬老の日は9月16日(月)です。 敬老の日に身近なお年寄りにハズキルーペをプレゼントで贈ってみませんか 高齢になると、若い人が考えている以上に視力が低下しています。 &nbs …

宝実


宝実
知って得するお宝グッズの情報を発信しています。

検索

アーカイブ

カテゴリー


Parse error: syntax error, unexpected '}', expecting end of file in /home/pff00021/takaraminoru.com/public_html/wp-content/themes/stinger8/footer.php on line 15